スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラインド修理、お困りごともお任せ下さい!

オフィスや学校、各種施設には業務用ブラインドという少し大きめのブラインドが取付されています。業務用ブラインドも経年の使用で昇降コードの劣化、操作部の不具合などがおこります。写真はタチカワブラインド、モノコム35の昇降コードを交換中です。
昇降コード摩耗昇降コード交換
一宮市内のオフィスや各施設での「窓周りの悩み事」もぜひお任せ下さい。地域密着の専門店だからこそできるきめ細かな対応で、皆さまの「お困り事」にお応えしています。
スポンサーサイト

今年も一年ありがとうございました

お店の方は先にお休みをいただいておりますが、本日の施工で仕事納めとなりました。
今年も一年大変お世話になりました。
多くのお客様からご支持をいただき、インテリアの楽しさに笑顔をいただきましたことに感謝いたします。
来年も地域密着のカーテンショップとして皆さまに愛されるようスタッフ全員で努めてまいります。
2013年もどうぞよろしくお願いいたします。

高所窓用システムレール

高所窓システムレールまだまだ暑いですね、そして吹き抜け窓の施工も続きます。
本日の吹き抜け窓のカーテン施工、前回の施工で高所窓用のシステムレールを採用していただきましたので、今回はファブリックのみのお取替です。 高所窓用システムレール・・・カーテンレールやシェードのメカがコード操作で昇降ができるシステムです。吹き抜け窓のカーテンやシェードが足場の必要もなく洗濯や取替が容易にできるメリットがあります。
仕上がりは施工例でもご紹介させていただきますね!

遊び心あるバーチカルブラインド

バーチカルブラインド カラーコーディネートバーチカルブラインドのカラーコーディネートです。
カラーコーディネートは一般的にベースカラーにアソートカラー・アクセントカラーの割合を考え組み合わせていきます。
今回は鮮やかな色調に落ち着いたダークブラウンの色調を組み合わせています。アクセントカラーを多めにし明度の変化をつけることで、メリハリのある個性的で印象的なスタイルになりました。バーチカルブラインドで色の組み合わせを楽しむ、当店でもお勧めのスタイルです♪

吹き抜け窓の施工

吹き抜け窓施工暑さ対策で吹き抜け窓のご相談・施工が増えています。
先日の施工はリビングの吹抜け窓にバーチカルブラインド、取付高さがあるため足場を組んでの施工となりました。
高所窓への取付はスライドと呼ばれる長いハシゴをかけての作業やタワーと呼ばれる足場を組んでの作業が必要となります。作業工程により足場費用や取付費用が異なりますので事前にご相談くださいね。
それにしても暑いですね~、毎日が汗だくのチーフです...

明かり取りの小窓にも

カフェカーテン中庭に面した玄関ホールの窓や日差しが気にならないトイレの窓など一般的に明かり取り用といわれる小窓があります。
視線や日射遮蔽と機能を必要としない小窓でも何もつけていないと少しサッシの冷たさを感じることありませんか?
一枚のファブリックを採り入れ飾ることで雰囲気もずいぶんと変わります。写真は裾にビーズトリムをあしらった玄関ホールのカフェカーテン、マグネットタッセルを使用してスタイルのアレンジも楽しんでいただきました。

フォーカルポイントをつくる

北欧ファブリック キツネとブドウ和室の床の間やリビングの壁に造られたニッチなどのようにお部屋にフォーカルポイントをつくることで印象的でメリハリのある空間になります。
またアクセントクロスなどの壁紙や窓に掛けるカーテンなどでフォーカルポイントをつくることもできます。
写真は寝室の入り口です、ドアを開けると北欧ファブリックが目に入ってきます。お部屋に入って最初に目に入る壁の窓に絵を飾るように採用していただきました。

アンサンブルスタイル

アンサンブルスタイル日差しを和らげデザインも楽しみたい!そのような窓にはレースとレースを組み合わせたアンサンブルスタイルがお勧め。
このスタイルは2枚の生地を上部で一体に縫い合わせた縫製仕様です。1つのレールに2種類の生地を取りつけることで機能やデザインを楽しむことができます。
写真は出窓に施工させていただいたレースのアンサンブル、日差し対策として窓側に光沢のあるプレーンボイル、部屋側はセパレートスタイルで可愛らしく演出しています。

シェードの柄位置

シェードスタイルの柄位置は一般的に生地の中心を製品の中心に合わせますが、仕上がりサイズやデザインによって中心をずらして製作することもあります。また柄位置を決めるときに重要なのが窓を見る角度です。窓は必ずしも正面から眺めるとは限らず取りつける窓の位置も考慮します。
写真は2連のスリット窓に施工した北欧ライクのコットンプリント、重なり合った美しい色合いと奥行き感のあるデザインをどのように魅せるか?そんな思いを込めてお作りしています。

ギャザーテープ考

ギャザーテープカーテンは布にプリーツ(ひだ)をつけることでやわらかな表情をつくり出すことが出来ます。
プリーツ(ひだ)には、片ヒダ・箱ひだ・3つ山・2ツ山・ゴブレット・ギャザーなどといろいろな種類があり、またプリーツに使用する専用の芯地も様々です。
写真はギャザーテープの芯地の種類、それぞれに特徴があり、仕上がりのイメージに合わせて考えご提案することも私たちの大切な仕事なのです。

形状記憶のカーテン

カーテンのドレープ性(ヒダの形状)、デザインやスタイル(実用性や機能性)、お部屋との調和(色柄のバランス)などと突き詰めると本当に奥の深いオーダーカーテン。
今回はカーテンのドレープ性・・・写真は真空釜を用いたポリエステル糸の熱可塑性を利用した形状記憶加工のカーテン。
この形状記憶加工、縫製工程や型紙の種類・加工方法によって様々な種類があります。当店では生地の特性を考慮しより美しい最適な仕様をお届けしております。

ありがとうございました

今年最後の施工・・・ひるがの高原のリゾート地で仕事納めとなりました。美しい雪景色には北欧生地が似合いますね♪

今年も一年ありがとうございました。
今年も皆さまとの素敵な出会い、そしてたくさんの笑顔を頂きました事に感謝いたします。来年も地域密着のカーテンショップとして皆さまに愛されるようスタッフ全員で努めてまいります。2012年もどうぞよろしくお願いいたします。
カーテンの大伴 スタッフ一同

カーテン選びを楽しんで

一度のご相談時間は3~4時間、納品までに5~6回と打ち合わせさせて頂くことがよくあります。カーテン選びは大変と思われるかもしれませんが、実は楽しいものなです♪
カーテンは本当に奥深いもの・・・
ファブリックスの魅力を知っていただきたく、そしてお気に入りのカーテンと毎日過ごすお客様の笑顔が見たくて・・・当店ではカーテンを楽しく選んで頂けるようにいろいろなご提案をさせていただいております。

ファブリックの生地幅で

一般にカーテンは窓サイズに合わせ生地を繋いでお作りしています。国内ファブリックは概ね日本の窓サイズに合うように生地幅が設計されていますが、最近人気の輸入ファブリック、こちらは国内と違い生地幅もいろいろです。窓サイズに対してどうしても柄や生地幅が似合わないファブリックもありますが、お客様のご要望にお応えできるように縫製所と何度も確認しながらベストの仕上がりを考えていきます。
写真はイタリア製のファブリック、綺麗に仕上がりました。

サンゲツの新作ソレイユ

朝晩と少しずつ寒くなりましたが、今日も半袖で行動している私にスタッフから「おかしいですよ」と弄られるチーフです。
本日はサンゲツさんのカーテン、新作ソレイユの商品セミナーに行ってきました。無地調カーテンの充実、素材感のあるレースなどと良い商品がたくさんありました。また当店の展示サンプルで紹介しますので見に来て下さいね。
写真はサンゲツショールームのモデルルーム展示、こちらの新作スタイリングもとても良かったですよ!

納品前の準備

納品前の下準備です。当店では納品までに日にちがあるものや天然素材などどうしても梱包時にシワができてしまうカーテンは店舗倉庫で仮吊りをしてから納品しております。
そして忘れていけないものは飾りタッセル、今回はガラス素材を採り入れた輸入タッセルです。こちらも出荷時の小さく梱包された状態のままでは美しくありません。タッセルの素材に合わせて梱包時の癖を直します。私たちもお客様とご一緒に納品を楽しんでおります!

東京セミナー

先日はトーソーさん主催の人気セミナー、東京国際フォーラムで開催された「with Curtains 2011」に行ってきました。
各社ファブリックメーカーのプレゼン、カーテンレールとファブリックのコーディネート展示、デザイナーさまのトークセッションなどととても素晴らしい内容です。
写真はコーディネート展示の一つ、ファブリックで表現できる可能性に魅了された私です。今回のセミナー、「インテリアで豊かな生活を実現できること」 本当に勉強になりました。

自社縫製だからできること

日中はまだまだ暑いですね~、早く涼しくなりますように!
と願うチーフです...
写真はシェードの縫製工場にてプレーンシェードの柄位置を相談しているところ。北欧ファブリックにサイドボーダーをあしらったご提案、これがなかなか難しいのです。柄全体のバランス、取付け位置によるアイ・ポイント(視点)などを考慮し、工場長と何度も確認作業です。より素適なデザインをお届けできるように・・・自社縫製の強みです。

ファブリックのデザインにも

暑さの中、お盆前のカーテン・カーペット施工が続きます。毎日汗だくですがスタッフ全員で頑張っていますよ~!
今回は当店の「こだわり」のご紹介、写真は当店人気のモダンなサークル柄、ファブリックメーカーのオーダー商品に比べ少しリーズナブルなオリジナルカーテンのシリーズです。
リーズナブルでも縫製仕様はオーダー商品と同じです。そして「こだわり」の柄位置、スタイルに合わせてファブリックのもつデザインができるだけ良く見えるようにご提案しています。

ブラインドの修理

むし暑いですね~、毎日大汗かいているチーフです...
さて、本日はブラインドの修理依頼で忙しく飛び回っていました。ブラインドやロールスクリーン、シェードなどのメカもの商品は、経年劣化による性能低下や使用によるの摩耗などで消耗してしまう部品があります。部品が消耗すると片上がりしたり、昇降ができないといった不具合も生じてきます。
このような場合、修理や部品交換で対応することもできますのでご相談くださいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。