スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏季休業のお知らせ

夏季休業のお知らせ

8月12日(日曜) ~ 8月16日(木曜)の間、お休みをいただきます。

8月17日(金曜)より通常営業です。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

表彰式に行ってきました!

当店スタッフがタチカワブラインドのカラーコーディネートコンテストのイメージ部門でグランプリを受賞しました!
東京の銀座ショールームにて表彰式も無事終わり写真は緊張も解けた式典終了後です。
後ろに展示してあるブラインドが今回応募したテーマ「girls'talk」のカラーコーディネートです。
テーマ、コンセプトと共に配色を考えて今回は1535作品の中から選ばれました。
当店にも作品を展示しておりますので是非ご覧ください♪

取付け風景

こちらはチーフの取付け姿。さすがに冬は長そでを着ていますが高所で力のいる作業のため汗を滲ませての作業となります。
当店で購入いただいたカーテンは、できる限り当ショップスタッフの手で納品させていただきたいと考えています。
ご家庭のカーテンのご相談、ご提案、お見積りから採寸、取付まですべて行っています。現場を知っているのは当店の強み!窓にどのような状態でつくか、操作性はどうか、などなどのことも含めてご提案しています。
お気軽にご来店ください!

キッズスペース

1回に1時間くらいはかかるカーテンの打ち合わせ。決定までに数回ご来店という流れが多いです。その間お子様にとっては退屈な時間。キッズルームと言えるほどの場所ではないのですが、少しでもお子様の気がまぎれるようにとちょっとしたスペースを作っています。奥に写っているのはテレビ。DVDでトムとジェリーを準備しています。
怪我の無いよう仲良く遊んでいってくださいねー。

店内の様子

店内

昭和50年8月

kironyinteriorintokyo.jpg
KIRONY INTERIOR IN TOKYO 
SUBJECT:大伴インテリア外装図 DRAW:アサダ

草創期の沿革に代えて

「尾張かいわい」65ページ中日ホームサービス創刊三周年記念「尾張かいわい」65頁より
(株式会社中日ホームサービス1976年12月25日発行)


商品展示スペースをゆったりとって、見易く、選び易く、買い易くするため、昭和五十一年四月、一宮市伝馬通りから現在地に店舗を移し、売り場面積百七十平方メートル、ショールーム形式の店舗を構えた。
 一般には“カーテンの大伴”として親しまれているが、ほかに内装仕上工事、クロス張り、床材工事、アコーディオンドア、ブラインド、イスカバー、その他インテリア・アクセサリーの設計施工一切と、防炎カーテンも扱っている。
 家庭生活にアクセントをつけ、生活にうるおいをもたらすインテリアの重要性は、一般家庭でも強く認識されており、利用範囲の広い店である。壁面に落ち着いたムードをにじませる森を描いた壁画をあしらい、商談スペースもゆったりとった店内のムードは、室内美を演出する店にふさわしいたたずまい。
 百点を超えるカーテン見本。しゅうたんのサンプルひとつをとっても大きなサンプルが店内いっぱいに展示されているほか、室内との調和をはかるため、実際に家庭に持ち込んで注文を取るなど、徹底したサービス精神で老舗の貫禄を示している。
 創業当時は繊維、ことに洋反ものを扱っていたが、昭和二十八年、時流に合わせて室内装飾を手がけ、同時に法人組織に改めた。そうした時代の流れを確実に受けとめていく精神が、くらしの中に美の空間を演出するインテリア・センスを高めさせ、技術の向上をもたらしている。
 毎日ぼんやり見過ごしていたため、なんの変哲もなかった部屋が、アコーディオンドアによる間じきり、ちょっとしたインテリア・アクセサリーによって、魔法にかけられたように変化する様は、生活空間に質の高まりをもたらす。大伴は、その良きアドバイザーである。


 昭和初期:一宮市伝馬通り3-2(現在の本町4-3-2)にて洋反ものを手広く扱うセル問屋として創業。
 昭和26年:繊維問屋から室内装飾の小売施工へ業態転換。
 昭和28年:株式会社大伴商店として法人登記。
 昭和51年:テンサンビル建設に伴い現在地に店舗移転。株式会社大伴へ商号変更。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。