スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーダーカーテン

生地をジョイントしオリジナルのボーダーカーテンをお作りすることができます。
今回は明るく元気の出るカーテン!ということで、この3色に決定していただきました。

レースリビング

ピンクを黄緑と黄色の間に細く入れてオシャレ感をアップ!
ティッシュケースがピンクだったりと差し色が生きている空間。
好きなカラーに囲まれたお部屋はますます明るく感じました。
スポンサーサイト

光たっぷり

吹き抜けの窓から光がたっぷり注ぎこむ気持ちの良い空間♪
窓辺にはスタイリッシュな雰囲気をアップさせるダブルシェードがとっても似合っています。
ファブリックならではのやさしい風合いも良いところ♪
地域情報誌「咲楽」のカーテン取材でお引っ越し後に再度お邪魔いたしました。チーフが取り付け時から気になっていたというお掃除ロボットを見せて頂きました。一生懸命掃除している感じが何だか愛くるしかったです。

気持を新たに!

神奈川県のカーテンショップにお伺いいたしました。初対面にも関わらずとても気さくなSさま!前日は小田原市にある魚料理店で美味しいお食事を頂きながら、ショップに対する想いや商品に対する想いなど多岐にわたりお話しすること深夜2時まで... ( 本当にごめんなさい ) 同じ想いでインテリアを考えるSさま、内に秘めたインテリアへの情熱がスゴイ!大変刺激になりました。写真はSさまが開催してるカーテンフェアー、勉強になります。Sさまありがとうございました!

爽やかなカーテン

白に馴染む爽やかな水色。白い壁や床のお家が増えているので、とても清潔感あるコーディネートが楽しめます。
暑ーい夏でもこのカーテンだったら涼しげに過ごせそう♪色には体感温度まで変わってくる効果があるそうですよ。
下は気持ちのよい真っ白なボーダーレース+程よい光沢感の水色カーテン。上はまるで水彩絵の具で描いたようなタッチのレース+白のカーテン。
夏の時期だけレースかカーテンを水色に変えてみるのもお勧めです。

グリーンのレース

グリーン・黄緑・ホワイトの3色がボーダーで入っているのはなんとレースなのです♪
レースをお部屋側にもってきたフロントレーススタイル。バックには白のカーテンでラインが鮮やか!まるでカーテンのデザインのようです。
緑は気持ちが落ち着く、爽やかだけど寒々しく見えないなどなどで人気のカラー。
フロントレースのスタイルでお気に入りのグリーンのレースを昼も夜も見ることができちゃいます♪

迫る父の日

記念日イベントとしては盛り上がりにやや乏しさを感じさせられる父の日ですが、母の日がカーネーションなのに対して父の日にはバラを贈るのが定番で、なんとアメリカでは国民の祝日にまでなっているそうです。
しかし身近な人に直接感謝の気持ちを伝えるってのは照れくさくってなかなかできないものですね。当店でも、日頃の感謝の気持ちを込めて、ささやかな父の日セールを準備してみました。
気になる内容は・・・、店頭にて感謝!

清楚な花と

素敵なお花が目に飛び込んでくるこちらは、ブリザーブドフラワー専門のお教室をされているご自宅サロン。 今回カーテンとレースのお取り替えをさせていただきました。

カーテンとレースの落ち着きあるオフホワイトが鮮やかなお花のある空間にしっとり馴染んでいます。 お客様のホームページfivesensesにはお教室の情報もありますよ。 なんとブログにはカーテンのことを詳しく紹介いただきました。ありがとうございました!

スタイリッシュに

シェードを選ばれた理由が良く分かるスタイリッシュなお部屋!まるでカタログ写真のようですが、当店で施工させていただいたお客様のご新築です。
床は明るくホワイト。お客様の「汚れたのがすぐに分かって良いですよ♪」との言葉にはっとしました。
身の周りのものでも汚れが目立ちにくいってことを重視していたな~と反省。真っ白なシャツって見るのも着るのも気持ち良いですものね。自分の生活でも応用していこう!と思いました。お掃除上手になれそうです♪

マンションのモダンカーテン

マンションリビングの施工例です。
ワイドサッシに映えるのは大胆な花柄をモダンにアレンジしたジャガードカーテン。

カーテンBOXからのサイズを考慮しデザインの位置にも工夫しています。共生地クッションでもセンスアップ!

開幕

始まりましたねワールドカップ。あちこちのブログで取り上げられて、にわかにアフリカ気分が盛り上がりつつあります。
アフリカといえば今年の春に上映していた「第9地区」をみた際に調べたんですが、どこまで本当なのか治安の悪さは尋常ではないらしいですね。
ウィキペディアでヨハネスブルグを検索すると、現地でサッカー中継をしている報道陣が命知らずな戦場レポーターのように思えてきます。 >> ヨハネスブルグ - Wikipedia

新婚カップル

今月末に発行される尾張地区のブライダル情報誌結季祥(ゆうきのしょう)に当店広告を載せてもらうことになりました♪
ちょうど昨日結婚式を挙げた友人の新居のカーテンをコーディネートさせてもらったところだったので、そのまま広告にお二人も登場してもらっちゃいました。
新婚カップルのお家はお客様もたくさん!賃貸でも3~4年は住む予定だからとオーダーカーテンでこだわりの空間にしていただく方が増えています。

梅雨にも負けず

東海地方も梅雨入りとなりましたね。暑さに弱い私は梅雨時期も苦手...窓を閉め切っての施工も大変なのです。そんな雨模様の中、昨日は元気の出る施工です。
図面でのご相談時から、お部屋のイメージを決めていたお客様。窓の構成やスタイルの特徴をご相談し、「明るく楽しいインテリア」とご提案させていただいたリビング・ダイニングです。北欧ファブリックとバーチカルブラインドでのコーディネート、お客様の 「カーテン楽しい~」 との喜びの笑顔に感謝!

レースにレース

デザインもカラーも繊細で洗練されたものが多いレース。
写真右のレースはオパールプリントと言われるとても薄手のレース。後ろの木の色がくっきり透けて見えます。
気に入ったけどこの透明感ではちょっと・・・と言う場合にはレースにレースを合わせてみてはいかがでしょう。
左のレースはグリーンのレースと透明感あるリーフ柄レースを一緒に縫っています。光を取り込みつつ好きなカラーを組み合わせることでより空間を自分らしく演出できます。

リスタとは違うんです

待望のレガートプリモ店頭サンプルがやってきました。
『“心地よい”にこだわったベーシックなデザイン』のキャッチフレーズで地味に世間を騒がせる今月の新製品です。
しかしこのプリモ、見れば見るほど以前からちょくちょく目にしたSHリスタ?にそっくりで落ち着かない気分です。
メーカーの方が力強く否定するからには、リスタみたいな安売り品とはモノが違うということなんでしょうね。施工例写真で比較すると同じレールみたいに見えてびっくりです。

北欧ファブリックをとりいれて

北欧ファブリックとバーチカルブラインドのコーディネイトです。

北欧ファブリックは、窓の構成や取付高さの違いを考えデザインのバランスを工夫しています。バーチカルブラインドのリズミカルなカラーと合わせて明るいリビングを演出しています。

あ!父の日

明日は父の日。うっかり忘れていました・・・。クッションを作ってあげようと思ってましたが、間に合わないのでお菓子を持って遊びに行ってきます。
カーテン生地でクッションもお作りできます。カーテンとおそろいや色違いで購入いただいてます♪
写真は光の効果で艶やかに見えるパープルのカーテン。
無地だからこそ生地の質感が大事!遮光性も良くお気に入りのカーテンです。

♪がついてます♪

カーテンを開けている昼間でも愛らしいクマさんが見えるタッセルです。こちらのカーテンがあるお部屋はピアノのお教室のお部屋。音楽に関するデザインのカーテンが無くあきらめかけていたところ、こんな身近にありました!
こちらのクマカーテンは店にサンプルもある人気の柄。そしてよーく見ると可愛い音符♪があるじゃないですか!
右から2番目のヒダ上部隙間です。見えないかも。
視点を変えると柄の見方も変わる良い経験でした♪

ロールとバーチカル

カットされたデザイン入りのロールスクリーンと掃き出し窓にダークブラウンのバーチカル(タテ型)ブラインド。
白の多い空間にダークブラウンがアクセントになっていて素敵です。
ロールスクリーンは明るいカラーでオシャレなランプと相性良く♪
濃いカラーは暗くなるかなと心配される方が多いですが、こんなにカッコよくなりますよー!

カフェカーテン

つっぱり棒で簡単につけられて昼間の目隠しができるカフェカーテン。
最初からカフェカーテンとして出来ている生地には上部にポールが通せる穴がありますが、サイズが合わないことや気に入った柄が無いことも。そんな時にカーテン生地でカフェカーテンをお作りしてます。
写真は綺麗にデザインが見えるよう生地を寄せずにフラットにしたものです。店にもオーダーのカフェカーテン見本を増やそうと思っているこのごろです。

ボラスコットンのご寝室

ワインレッド&ボルドーと色のコントラストがきれいな北欧ファブリック、カーテンはワンタック (1ッ山) 仕様でウェーブ状のデザインを楽しんでいます。

背の高い窓にと選んでいただいたこちらの柄は、カーテンはもちろんシェードやクッションにしても素敵になりますよ。

7月はガラスフィルム

もうすぐ7月。梅雨明け後のリフォーム工事は屋根の葺き替えに次いでガラスフィルム施工が主役。
一般住宅用ガラスフィルムは自動車用フィルムのような高級装材ではないせいもあり、仕上がりにいくつかの制約がありますが、光の調節やガラス面の装飾、災害時のガラス飛散防止、UVカット効果による室内の日焼け防止と夜間の昆虫飛来低減など、たくさんのメリットがあります。
そして、これからの季節はなによりも赤外線遮蔽による省エネ効果に期待!エコポイントはつきませんが、まぎれもなくエコです。

カーテン屋のこだわり

「既成カーテン」 と違い、サイズを合わせることができるのが 「オーダーカーテン」 と思われがちですが、 「オーダーカーテン」 はもっともっと奥深いのです。
一窓一窓に適したスタイルやデザイン、ファブリックに合わせた縫製仕様、そしてカーテン屋のこだわり...
たとえば写真のパイピンタッセル、130色以上あるテープの中からお部屋のイメージを考え、時には1日以上かけて悩んだりします。カーテン屋さんの 「オーダーカーテン」 ご提案しています!

カーテンは楽しいのです!

ご新築のご相談となると4~5時間の大作業となることもありますが、お客様から 『カーテン選びって楽しい~!』 と笑顔でお話しいただけることに感謝です!
昨日、今日とご予約のお客様で賑やかな店内。閉店後はスタッフ全員で発注作業です。お客様の想いに応えるよう、サイズ・柄位置・色合わせなど一窓一窓真剣作業!深夜残業になっても出来上がりを想像してはついつい顔もほころびます。 「カーテン屋って楽しい~!」 とお仕事をさせていただけることに感謝です!

ちいさな生地

カーテンはお部屋の印象を左右する大切なインテリア。
オーダーカーテンは高いという印象が強い方もいらっしゃると思うのですが、お洋服をはじめアクセサリーやバッグなど身にまとうものの4・5年分と比べてみてください♪きっとお家にも良いものをまとわせたくなりますよ♪
写真はスタイリッシュな雰囲気に似合う生地とお子様部屋用の可愛い生地です。ちいさな生地を張っていくとキレイに見えるのでついついたくさん入れ過ぎてしまいました。

絵を飾るロールスクリーン

勾配天井や化粧梁といったお洒落なご寝室、アクセントクロスに絵を飾る感覚で選んでいただいたロールスクリーンです。切り絵のように表現されたデザインがお部屋をより際立たせます。

カーテンスタイルでは干渉してしまうヘッドボード上の腰窓などは、シェードやロールスクリーンのスタイルが似合いますよ。

梅雨の晴れ間

やっと雨が上がりましたが気温は34℃。貴重な晴れの一日のためお店の花壇も思い切って植え替えしてみました。伸び放題になっていたグリーンたちを整えてお花も追加♪日当たりが悪いので強そうなお花ばかり選んできました。
お仕事のほうではシェードの加工所に出かけてきました。シェードはカーテン生地を広げて使うので、どの位置で裁つのかが重要。さすがの工場長の意見にみんなでなるほど~と納得!出来上がりが楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。