スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁面を飾るプレーンシェード

スタイル・デザイン・カラー、カーテンでお部屋のイメージが変わります。
写真はリビング・ダイニングをモダンに演出するプレーンシェード!

伸びやかなリーフ柄にサイドボーダーを合わせたデザインシェードです。
ファブリックで絵を飾るように楽しんでいただきました。
スポンサーサイト

和室のカーテン

8月に入り1年も半分過ぎたな~とのんきに思っていたら残りはもう5か月になってました! あれいつの間に??
写真は和室のお部屋にカーテンです。
「和室のカーテンの柄はどんなのですか」って聞かれることがあるのですが、和の伝統的な柄だけでなくナチュラルな感じや素材感あるカーテンも畳にはピッタリきます。洋室のカーテン選びと変わらずみなさま選ばれていますよー。
こちらのカーテンは横ボーダーで和モダンに!深い色で空間が引き締まりカッコよく見えます。

ナチュラル

天井ボックスからのカーテンでお部屋に広がりを感じます。
こちらのカーテンは立体感のある織り模様が全体にあり一見無地っぽく見えますがとても可愛いデザインなのです。
ナチュラルなお家にぴったり♪
レースもリーフ柄の組み合わせでシンプルなのに温かみあるカーテンです。
今日は8月3日ではちみつの日なんだそうです。蜂も熊も本物は怖いのに「はちみつ」から連想するとどちらも可愛いから不思議です。

カバートップとリターン縫製

装飾カーテンレール「レガートα静音」のカバートップオプションとリターン仕様遮光カーテンの組み合わせ。カーテンレール上部とカーテン両サイドの隙間をしっかり覆うことにより窓からの熱対流を防ぎます。省エネ。
今年6月新発売のカバートップは対応するレールの種類が少ないところがやや残念。カーテンレールの上にダンボール一枚載せるだけでも同等の効果は期待できますが、今後一般的な機能性レールにも対応するカバートップオプション拡充が楽しみです。

タチカワブラインド

先日タチカワブラインドさんの新商品発表会へ行ってきました。人がいっぱいで活気がありましたよー。
新しい製品を一同に見られ、ひとつひとつ詳しく説明が聞けるのでインテリアの発表会はいつもワクワクで楽しいです♪
今回はロールスクリーンとタテ型ブラインドがリニューアル。写真のラブリーなお花柄などコーディネートの幅が広がる素敵なデザインがたくさん。
タチカワさんのHPからデジタルカタログもご覧いただけます。是非見てくださいね~。

夏レース

コシのあるシャインホワイトのベース地に伸びやかなアールを描く植物柄。アクセントとして青と黄緑のオパール加工が目を引くジャーマンデザイン。夏の避暑地をイメージさせる爽やかなレースカーテンです。
オパールレースといえば無地カーテンとの2重吊りが定番ですが、フラットなロールスクリーンとの組み合わせも涼やかな夏の楽しみ方。日中ロールスクリーンを巻き上げるとすっきり1重吊りレースの印象です。

遊び心を採り入れて

リビング・ダイニングのブラウン系のコーディネートです。
リビング掃き出し窓はシャンタン生地に流動的なラインを描いたジャガード、レザー調のタイバック(タッセル)を上品に合わせています。

ダイニングの小窓にはレーザーカットのロールスクリーンです。少し遊び心を採り入れてシックなお部屋づくりを楽しんで頂きました。

ファブリックのデザインにも

暑さの中、お盆前のカーテン・カーペット施工が続きます。毎日汗だくですがスタッフ全員で頑張っていますよ~!
今回は当店の「こだわり」のご紹介、写真は当店人気のモダンなサークル柄、ファブリックメーカーのオーダー商品に比べ少しリーズナブルなオリジナルカーテンのシリーズです。
リーズナブルでも縫製仕様はオーダー商品と同じです。そして「こだわり」の柄位置、スタイルに合わせてファブリックのもつデザインができるだけ良く見えるようにご提案しています。

洗濯機の目隠し

両開き折り戸で隠していた洗濯機置き場の湿気対策として、建具を外して目隠しにロールスクリーンを取り付けました。
高さのある設置位置でも使いやすく、チェーン式とスプリング式をイイトコ取りしたワンタッチチェーンタイプ。オプション仕様のプルハンドルで更に使い勝手が向上します。
業界の偉い先生によると、深刻な家庭問題も8割はインテリアで解決できると言います。当店も、追いつけ追い越せで現状6~7割は解決できるつもり(謙虚)。お気軽にご相談下さい。

モンステラ植え替え

チーフが小さく見えるくらいに育ったモンステラ。
バランスが悪くなったので切ったついでにまた鉢を増やしちゃいました。どんどん店がモンステラだらけに・・・。
2007年にやってきたばかりのころ小さくて割れた葉っぱも一枚もなかったのに今では傘になる大きさです。
今回は初の茎だけを一つ植えたのでそのうち新芽が吹いてくるかも♪4年前の小さかったころのようになるのかなあ。
楽しみ楽しみ。

夏休み中に

夏休み前に植え替えをしたモンステラ。
休み中に芽が出てきました♪想像していたよりも大きい!
茎がしっかりしてるのでそれに見合った大きな芽が出てくるんですねえ。これからが楽しみ楽しみ。
まだ暑さは続くのでしょうが8月も中旬を過ぎ、子どもの頃ならそろそろ夏休みの残りの日数が気になる頃。
夏ならではのこの暑さも残りわずかと思うと乗りきれそうです。

盆あけて

急に涼しくなったと思ったら、ラジオのニュースによると9月下旬並みの気温とのこと。もうひと月もすればすっかり秋かな。
食欲の秋、日本酒がうまい季節です。店のサンプルもぼちぼち遮熱カーテンから防寒カーテンへ模様がえの時期でしょうか。
流行とはいえ今年の夏は各メーカーの省エネ製品キャンペーンで、「節」とか「省」の文字が踊る我慢の夏でした。
住宅の性能を信じてカーテンぐらい遊んでみてもいいと思います。インテリアが変わると毎日が楽しくなりますよ。

明るいリビング

リビングに採用していただいた、横段ストタイプのジャガードカーテン。掃き出し窓はカーテン、小窓はシェードスタイルで!明るい配色で当店でも人気のカーテンです。

ヒダをとると美しいウェーブがでる、シェードにすると少し張りがあり綺麗にたたみ上がる。この両方が似合う素適なファブリックです。最近このような生地が少なくなっていますが、生地に合ったスタイル提案をしていますので、ご相談下さいね。

ROCK

ボロス-ロック-R番手ムラのある単糸使いでざっくり平織り北欧ファブリック。強めの色使いもナチュラルな染め上がりで穏やかな印象。
画像はボラスのロック。数あるボラスコットンシリーズの中で、当店でも常に上位人気の注目柄です。
大胆な北欧デザインは大きな窓辺をダイナミックに飾るドレープカーテンだけではなく、お部屋のアクセントとして小窓のシェードやファブリックパネルとしてもオススメ。カーテンからファブリックの楽しみが広がりますよ~

小窓のよそおい

小窓にはロールスクリーンやシェードなどすっきりしたものでされる方が増えましたが、カーテンのどっしり感はやっぱり良いものです。
窓が綺麗に装飾される両開きのカーテンにはクラシカルな品の良さがあります♪
このところ図書館通いが定着してきて活字が無いと落ち着かない生活です。ずいぶん前に予約していた「1Q84BOOK3」が手元に来ました。人気の新刊は私の後も予約40人越え!このまま読書の秋に突入しそうです。

スーパーロング

当店オリジナルの超ロングブラケット。通常のシングルブラケットと比べて+60mmのロング仕様。今回はサンルームの内側に約5cm張り出した網戸ユニット回避に使用しました。
Wブラケットでシングル付けするだけの話で、特殊なカーテンの取り付けやブラケットスペーサーを嫌う場合に使う一般的な手法ですが、レールを付けない奥側の樹脂ツメを外すところがミソ。
ダーク系の窓枠&レールに無意味な白い樹脂小物は目立つので、ちょっとしたこだわりの小技です。

ヴィラ・ザ・ジャガード

E2169-E2170カーテンかくあるべしの風格に満ちた重厚な存在感。ふくらみのある先染めスパン糸で植物を絵画的に表現した、和製ウィリアム・モリスといったところでしょうか。日本の一般家庭にカーテンがやってきたインテリア黎明期から愛され続けて、優に四半世紀を超える継続柄です。
素材は経100%/緯93%アクリル糸。あらゆる繊維で最も優れた耐候性を誇るアクリル使いの長持ちカーテン。断熱性もS級です。とにかく丈夫なカーテンを、30年スパンで掛け替えるなら文句無しのイチオシドレープ。これもひとつのエコ。

ちょうちょ

猛暑続きだったこの地方も少しは楽になってきた!と思ってましたが今日は暑かったです。
写真はロールスクリーン。落ち着きあるグリーンの色が光を透かしとても綺麗に見えています。
注目はチョウチョのポイントカットとプルコードの下で揺れている小さなチョウチョ♪
開け閉めで手にする場所がこんなに可愛かったら毎日がちょっとハッピー気分になれそう。
お部屋にいるだけで笑顔になれる時間があるって素適です。

コントラスト

ダークな床や建具と白の壁のコントラストに合わせて、レースとレールをダークブラウン・カーテンを白にされたスタイリッシュなリビングです。
リビング
カーテンの光沢感あるサークル模様とダークブラウンのレースでグッと大人っぽい表情。
レールはスクエアタイプでより洗練された印象です。

まだ夏休み

CK9124窓枠に収めたロールスクリーンを背景に、控えめウェーブで柄を楽しむ約1.3倍フラットレースを軽やかにシングル吊り。
オーガンジーに浮き上がるシダ柄とブラインドの透過スラットに描かれた樹葉模様でリゾート気分のリビングです。
子供たちの夏休みもいよいよ終盤。ここ最近、暑さのせいか普段よりも仕入先や工場の加工間違い等に振り回されるケースが増えている気がします。施工時はもちろん入荷時確認も気持を引き締めてかからねばです。

自社縫製だからできること

日中はまだまだ暑いですね~、早く涼しくなりますように!
と願うチーフです...
写真はシェードの縫製工場にてプレーンシェードの柄位置を相談しているところ。北欧ファブリックにサイドボーダーをあしらったご提案、これがなかなか難しいのです。柄全体のバランス、取付け位置によるアイ・ポイント(視点)などを考慮し、工場長と何度も確認作業です。より素適なデザインをお届けできるように・・・自社縫製の強みです。

8月最終日

8月も今日で最終日ですねー。
全国のカツオ君が宿題で頑張ってる日かな。最初は絶対ワカメちゃんのように!と思ってるのに最後はカツオ君になるのが私のいつもの夏休みでした。懐かしいわあー。
写真は白のベース生地が明るく、可愛いオレンジの柄が人気の遮光カーテン。
サイドをカーテンで蓋のようにしているリターン仕様です。
隙間が減るのでより遮光性・保温性に富むスタイルです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。