スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファブリックパネル

壁にオシャレなファブリックパネル。
実はこちらは縦長の小窓なのです!
窓の形を覆うように絵のようなカーテン生地を取り付けています。アクセントクロスの効果もあってお部屋のポイントになるようなチョイス♪
小窓ひとつでお部屋のイメージもぐんと変わりますねー。
気付けば今日から10月です。いつまでも暑い夏の続きの気分でしたが季節はすっかり秋ですね。ずっとこんな季節が続くと良いなー。
スポンサーサイト

大きな窓に

木のモチーフの大きな柄が印象的なレース。
こちらは柄の部分が透明で夜にはこの柄部分が暗くなるのでまた違った表情を見ることができます。
大きな窓風に吹かれて
右側の写真はちょうど柄から入った光がテーブルに!
レースからの光が木漏れ日のように感じられ心地良い空間を作り出しています。

川島織物セルコンの「SH8808 アウレオア」。
昔気質の一宮人にとってSH品番といえば戦後の尾州毛織物業界で一時代を築いた林紡績をイメージするのが正統派かと思いますが、こちらはカーテン業界国内最高峰を誇るFiloコレクションより京都ファブリックのSHシリーズ。
大胆に切り返した2重織りの印象的なラインと極細エステル糸で繊細なニュアンス変化が表現され、抽象的なデザインのなかに無限に広がるスケールの大きさを感じさせます。

サンゲツの新作ソレイユ

朝晩と少しずつ寒くなりましたが、今日も半袖で行動している私にスタッフから「おかしいですよ」と弄られるチーフです。
本日はサンゲツさんのカーテン、新作ソレイユの商品セミナーに行ってきました。無地調カーテンの充実、素材感のあるレースなどと良い商品がたくさんありました。また当店の展示サンプルで紹介しますので見に来て下さいね。
写真はサンゲツショールームのモデルルーム展示、こちらの新作スタイリングもとても良かったですよ!

適材的窓

光や視線のコントロール機能とシンプルなデザイン。ベネシャンブラインドやバーチカルブラインド、ロールスクリーンやプリーツスクリーンなど次々と開発される新機構。意外な落とし穴にカーテンと比べると風に弱いという欠点があります。
カタログからは見えにくい部分ですが、風通しを前提に選ぶとなると風にあおられない十分な自重と開口部が必要。
おすすめはもなみアップダウンスタイルティアードスリットスタイルあたり。木製ブラインドもありだと思います。

サンゲツショールーム

写真はサンゲツの名古屋ショールームです。
カーテンや壁紙を見る場所とは別にこういうお部屋として作りこまれている空間があります。
今回の新作もさっそく組み合わせて展示してありましたよー。
生地だけで見るのとお部屋に使用されているのとでは迫力が違い見てまわるのが楽しかったです。
新作の続く秋。お店に入れる新しいサンプル選びも始めなくっちゃ!

波の数だけ

先染めアースカラーで描いた有機機的なパターンとシャープシェードの規則的なたたみ上がり。よせてかえすを繰り返す2つのウェーブが響きあい、躍動する生命を感じさせます。
柄とスタイルのコーディネートが心地よいサンゲツROMANE CK9304。縦にたたむシェードスタイルに馴染みの良い横ボーダーと横たたむカーテンスタイルに合わせやすい縦ライン。2つの要素をやわらかな曲線の中に取り入れたオールマイティーなデザインです。

シェードの中

シェードの機械を大きく分けると、生地をたたみ上げるコードを直接手で引くコード式とヘッドボックスに内蔵されたシャフトで巻き上げるのドラム式(チェーン式)の2種類があります。
当店では使いやすさ・メンテナンス性・価格差を天秤にかければドラム式に分があると考え、ここ数年の納品はほぼ100%ドラム式ですが、住宅メーカーのオプション等では意外にもコード式の人気が根強いようです。ギリギリ限界のコストダウンに挑むというなら、コード式の選択もありかもね。

天井から

カーテンを天井から取り付けたリビングルームです。
窓上にレールがくることが一般的ではありますが、天井に下地が入っている場合にはこのように天井から一面カーテンで覆うことが可能です。
お部屋の天井高が高く見えて広く感じるという効果も♪
選んで頂いたのは収縮加工を施した無地なのに可愛らしい雰囲気のある人気の生地。レースにはアイビーの柄。
お部屋に馴染む爽やかで明るいカラーのチョイスです♪

メタルブラック

アフリカの王国に根付く、ダマスク模様の伝統的なたたずまい。緯糸の金属繊維×ポリエステル交撚糸使いで独得の光沢と手持ち感が魅力のMade in Morocco。
メタルヤーンが生み出す不規則性の「しわ」が、無垢な外観と深みのある鮮明な黒の発色を表現します。
サンゲツ Ariaare CK2027。カーテンの美しさはプレスで固めたウェーブだけじゃないだろうという、開発者の主張を感じるファブリックです。

ウィリアム・モリス

マンションならではのワイドの広い窓にウィリアム・モリスのカーテンです。
ウィリアムモリス"柄フルーツ
光を通した時の優しい色の映りかたと、柄の発色の良さはコットン素材ならでは。
モリスのデザインは150年の時を経た今でも新鮮さを失わず、世界中で愛され続けているという理由が納得できる逸品です。

パープル

写真は和室の小窓に淡いパープルのプリーツスクリーン。
落ち着いた和室の雰囲気に似合う綺麗な色です。
新しいカーテンカタログの中にもパープルは増えてきています。人気のあるカラーなんですね。
カタログによく見られるのは紫と明るいグリーンの組み合わせ。紫って奥が深い!
色はいつも身近にあるものなのに組み合わせで新しく見えてくるから不思議です。お部屋のアクセントとしてクッションでカラーを取り入れるのもおすすめですよー♪

新作選び

このところカーテンの新作発表会が続いています。
たくさんのメーカーさんのたくさんのカーテンの中から何をセレクトするのか頭を悩ませる時期がやってきました。と言ってもワクワクする楽しい作業なんです♪
今回はお店のモデルも大幅チェンジ!の予定です。写真はサンゲツショールーム。お店ではこんなに大きな場所は取れませんがカーテンってこんなこともできるんだって興味を持ってもらえるモノを作りますよー。まだ打ち合わせ段階です♪

ファブリックの生地幅で

一般にカーテンは窓サイズに合わせ生地を繋いでお作りしています。国内ファブリックは概ね日本の窓サイズに合うように生地幅が設計されていますが、最近人気の輸入ファブリック、こちらは国内と違い生地幅もいろいろです。窓サイズに対してどうしても柄や生地幅が似合わないファブリックもありますが、お客様のご要望にお応えできるように縫製所と何度も確認しながらベストの仕上がりを考えていきます。
写真はイタリア製のファブリック、綺麗に仕上がりました。

裏切りの街角

カーテンレールの新製品登場にあわせてレールコーナーの模様替え準備中。毎度のことながら入れ替わりで消えてゆくカーテンレールの後ろ姿に切なさを感じます。
新築でも時間を置いて段階的にレールを揃える事はありますし、何年か後に部分的な補修をする場合でもカーテンレールのコーディネートは意識したいもの。まさか日本を代表するインテリアメーカーが「たかがカーテンレール」なんて考えでいるわけないでしょうから大人の事情も色々あるのでしょうが、それにしても90日で突然廃止ってひどすぎ。

夢と魔法の

夢と魔法の王国に住むあのミッキーが大人の空間に似合うカラーとデザインで登場です♪
こちらは既成カーテンでの展開ですがイージーオーダーでサイズを合わせることも可能です。
大人の女性に似合うオシャレで洗練されたデザインは魅力的ですよー!
愛知に住んでいるとそうそう行くことができない夢の国ですが、お部屋でミッキーさんに囲まれれば良い夢が見られそうです♪

リアルテクスチャー

リアテックの新カタログ発表から1週間。ちょうど店の模様替えに展示什器のリアテック更新を予定していたグッドタイミングでサンゲツが主催する技術講習に参加してきました。
店舗やオフィス向けがメインの壁装材で一般的なビニール壁紙と比べるとめまいを感じる価格差ですが、天然木の質感や金属の素材感など極限までリアルに表現した硬質塩ビ系粘着剤付き次世代ウォールシート。一般家庭でも日曜大工の仕上げやちょっとした小物のDIYドレスアップとしておすすめです。

リビングのお取り換え

カーテンをお取り替え頂いたリビングです。
お探しのカーテンは落ち着きと鮮やかさのある赤色。
リビングカーテンのアップ
気に入って頂いたのはベースの赤にゴールドラインの高級感あるスペイン生地です。
エレガントなエバ柄のレースは裾部分の模様がとても華やか。
カーテンのラインに合わせたタッセルでゆったりと束ねています。

可愛い照明

ピンクの畳がやさしい雰囲気の畳コーナーに可愛い照明♪
ほっとできる畳の空間がカラーと照明でぐんとお洒落感がアップですね。
そんな和室に選んで頂いたのは木製のブラインドです。
ブラインドは事務所のイメージと言われることが多いですが、木製ブラインドなら温かみがありナチュラルな空間にピッタリです。
今日は一日雨模様。朝晩とお昼の温度差が大きいためか風邪気味なお客様が多いです。お体にお気をつけてお過ごし下さい。

レースを見せる

ピンクのバラの花がとっても可愛いらしいレースをお部屋側にして白いカーテンと一体に縫製しているスタイルです。
レースを束ねたりそのままふんわりさせたり形を変えられるのが良いところです。
このところ柄があり綺麗で透明感あるレースがとっても増えています。素敵なので使いたいけど外からの目線が気になる場合や日中はお留守でレースを見る時間が少ない場合も。
写真のようにカーテンとして一緒に楽しむ方法でお気に入りのレースを取り入れてみるのもアリですよー。

美しいと思うもの

川島織物セルコンのハイブランド「filo」より、人気のウィリアム・モリスのデザインです。19世紀のイギリスの詩人でありデザイナーでありモダンの父と呼ばれているモリス。
そのモリスデザインを繊細な織りで表現したカーテンは日本のお家に良く似合う重厚さがあります。リビングや応接間、広縁におすすめの落ち着きと立体感あるカーテンです。
「役に立たないもの、美しいと思わないものを家に置いてはならない」というモリスの言葉にはハッとして考えさせられます。

いつかはクラウン

先行メーカーに対する挑戦的な製品コンセプトが魅力的なカーテンレール界のダークホース。BEARのエクセレントレールが登場したのはちょうど2年前の今頃でした。
当店でも少し試してみたところ、独特の表面仕上げに疑問を感じて疎遠になってしまいましたが、2年の歳月で他社製品と比べて遜色ないレベルまで進化していた様子。ということでエクセレントレールに続いて装飾タイプのクラウンシリーズがレールコーナーに近日登場予定。あのクラウンと比べたらびっくりするほど庶民的。でもクラウン。

出窓をシェードで

出窓の前にレールとカーテンだったのをシェードのスタイルへお取り換え頂きました。出窓の天板も見えお部屋が広く感じられます。
出窓のあるお部屋まてまてミッキー
パーソナルソファのカラーに合わせたシェードはミッキーモノグラムデザイン♪
シックな艶感とカラーにミッキーの可愛らしさがさりげなくプラスされた大人の女性にぴったりのコーディネートです。

わんことくらす

先日訪問した友人宅のティップちゃんのうれしはずかしウェブデビュー。家族の一員として6畳2間縁側付きを縦横無尽に駆けまわる推定6歳の女の子です。
ペットブームの中で文句を言わずに我慢してる子たちもたくさんいるようですが、にゃんこもわんこも滑りやすくて腰を痛めるフローリングは大の苦手。粗相の始末は面倒でも室内飼いは畳やカーペットの部屋がおすすめ。カーペットならツメに引っかからないカットパイルを選ぶとうれしいね。

新しい展示モデル

秋のモデルチェンジで生産中止となったカーテンが多く、この機会に店頭サンプルを大幅入れ替えしています。
カーテンに仕立てているサンプル以外にもボーダーをつけたり、シェードにしたりといったモデルもリニューアル!
モダンが多かった今までと比べ今回は店内も華やぐ明るいデザインが増えています。
写真はコットン生地のコーナー。コットンならではの鮮やかな色合いと発色の良さが人気です。
是非手にとってご覧くださいませ♪

にゃんことくらす

運動不足解消にカーテン登りやレール上での綱渡り。カーテンに対する執拗な敵意は大好きな窓を隠された腹いせかも。
外の景色や日向ぼっこが大好きな室内にゃんこのストレスはレースカーテンからストリングカーテンへの取り替えで解決。画像の後ろ姿は我が家の愛猫ぼん嬢。ストリングの合間からサッシ越し警備もそつなくこなす推定11歳の女の子です。
窓まわりでのスペース取り合いは、カーテンVSエアコンだけの問題じゃないかもね。

虹をつくる男

今年で13回目となるタチカワブラインドのカラーコーディネートコンテスト。うっかり告知を忘れていましたが、ライバルが増えるのを嫌ったわけではないです。あくまでうっかり。
画像は応募締め切りまで残り6時間というところでようやく重い腰を上げた虹をつくる男。103色のベーシックカラーで窓越しにかかる虹をイメージ中の様子。今年のテーマは「元気湧くブラインド」。なるかグランプリ連覇!たくさんの元気が集まる表彰会場での再会が楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。