スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の中と外を繋ぐように

家の中と外、どちらからもご家族が集える解放感あるリビングです。
デッキスペースに通じる窓は、中と外を繋ぐようにレースだけを掛けていただきました。
リビング オパールレースデッキスペース
採用していただいたのはオパール部分に着色を施した着抜オパールレースです。
透かし模様の木立のデザインはお部屋の中からも外からも美しく見えますよ。
スポンサーサイト

絵を飾る

窓をカーテンで飾るようにピクチャーレールで絵を飾る。フロアの主役ゾーンを薄型テレビから気の利いた絵画に掛け替えるだけでぐっと落ち着いた空間に変化します。照明計画も慎重に。リラックススペースに仕上げるなら、明るさを追求型の昼光色や昼白色よりも暖かみのある電球色がおすすめ。
一宮市民として、リビングに堀尾一郎先生の版画とか憧れますよね。気に入った絵画が見つからなければ手軽なファブリックパネルも人気。ピクチャーレールの施工はカーテンレール同様下地確保が重要です。お気軽にご相談ください。

高遮光タイプ(ヒカリスト)

ブラインドから昇降コード穴をなくした高遮光仕様。スラットを一枚づつ抜き取って清掃できるのもうれしいポイント。長らくニチベイの独占市場になっていた高機能仕様ですが、ライバルメーカーの同等品リリースでにわかに市場が活気づいてきました。後発品の方が仕様や色数が充実してたりするものの、つい先行メーカーを応援したくなるのは開発者への敬意。それとちょっとお値打ちだからかな。気になるお値段は、チェーン操作のシルキーサートとほぼ同価格。検討の価値ありです!

内窓には、内窓用のブラインド

内窓と組み合わせて使うコンパクトなヨコ型ブラインド。15mmのスラット幅が繊細できれいな日差しを作ります。外窓と内窓の間に2.6cmの隙間があれば取付可能なすっきり薄型設計で、ペアガラス内臓タイプと違ってメンテナンス面の心配もありません。家中の窓を内窓&内窓用ブラインドにすればもうカーテン必要無いんじゃない?という声も聞こえてきそう。確かに、断熱・防音・遮熱・プライバシー確保と機能的な側面だけ見ていくと、ちょっと否定できないかもです。

ストライプ

木のぬくもりに囲まれたお窓にカラーの綺麗なストライプのカーテンです。明るいグリーンに大人っぽいグレーも入っているので幅広い年代に使っていただけるおすすめの柄です♪
先日マンションの上層階にお住まいのお客様のところへ採寸にうかがいました。
いつも下のほうでした見えない景色が一望できるロケーション。名古屋のツインタワーがすぐ近くなのに伊吹山まで綺麗に見えてしばらくうっとり。展望台にいるような気分を味わわせてもらっちゃいました。

爽やかカラフル

グリーンを基調に元気な黄色をアクセントに入れたこちらは爽やかなブラインドです。取り付け前にお店で見てみました。
カラフルですがアイボリーを多く使っているので明るくて清潔感のある組み合わせです。
お客様との打ち合わせでは画面上のイメージ図と小さなカラーサンプルを見ながらになりますので出来上りを見るのがいつも楽しみ♪ブラインドって事務所っぽいイメージかなという方にはオリジナルのボーダーがおすすめです!

まきずれ注意

ロールスクリーン取扱上で最大の注意点といえば、タケノコ状になって斜めに巻き上がる巻きズレ現象。風の影響を受けながら巻き上げ操作をした場合など、生地の両端で巻取り速度が異なることが原因の一つで、妙な癖がつく前であれば無風状態の静かな昇降操作を繰り返せば改善します。
風以外にも取付環境の水平レベル等が原因になる事もあるので、そのあたりは腕の見せ所。いちばん厄介なのは工場で裁断する際の不規則な縮みが原因と思われる修正困難なハイパーマキズレ。これは本当になんとかしてもらいたいものです。

ナチュラルなリビング

自然素材の家・・・木のぬくもり、安らぎが伝わってきます。
リビングのカーテンスタイルはレースを手前にしたフロントレースです。
植物柄のオパールレースをお部屋側に、窓側には素材感のある麻調カーテンをシェードスタイルにしていただきました。
フロントレース シェードスタイルリビング オパールレース
上下に開閉するシェードスタイルは外からの視線や上部からの日差しをコントロール、
繊細な分繊糸を使用したオパールレースは葉脈のシルエットも美しくナチュラルなリビングにとても似合います。

高所窓用システムレール

高所窓システムレールまだまだ暑いですね、そして吹き抜け窓の施工も続きます。
本日の吹き抜け窓のカーテン施工、前回の施工で高所窓用のシステムレールを採用していただきましたので、今回はファブリックのみのお取替です。 高所窓用システムレール・・・カーテンレールやシェードのメカがコード操作で昇降ができるシステムです。吹き抜け窓のカーテンやシェードが足場の必要もなく洗濯や取替が容易にできるメリットがあります。
仕上がりは施工例でもご紹介させていただきますね!

Do It Yourself

大工の棟梁を祖父に持つDIY派の一人として、ライバルDIYブロガーの施工事例チェックは欠かせません。カーテンレールやブラインドの取り付けは簡単すぎるせいか定期巡回しているブログで目にすることはほとんど無いのですが、たまに写り込む窓辺の風景に残念な気分を感じる事はよくあります。
DIYのコストや達成感は魅力ですが価格優先で走っていると商品選びのポイントを外してしまいがち。カーテンレールの取り付けや壁紙張り替えのDIYチャレンジも専門店にご相談ください。

カーテン選び

綺麗な水色のアクセントクロスに合わせて同色のカーテンです。色のチョイスもピッタリで可愛らしいですねー♪
お部屋のテーマが決まっていると空間に統一感が出て自然とコーディネートがまとまります。
お洋服のコーディネートなら想像付きやすいのですが空間が広いカーテンはなかなか決まらないことも。メーカーショールーム等でいっぱいご覧になると自分の好きなテイストが分かってくるのでおすすめですよー。

楽しいお子様部屋

お子様部屋のカーテン施工例です。
「お子様たちが楽しく過ごせるように」と人気のゾウさんを選んでいただきました。
ゾウさんの裾には水色のボーダー生地でデザインのアクセントをつけています。
子供部屋 ゾウさんボトムボーダー レース
お子様部屋は毎日生活を繰り返し成長していく大切なお部屋です。
楽しく元気が出るお部屋で、将来の思い出をいっぱい作ってくださいね♪

秋の連休

先週の木曜、ひるがの高原から大日ヶ岳への登山道でカモシカと遭遇しました。一ぷく平から先行ハイカーがいたので熊避けの鈴なしでもいいやって油断していたんです。いや本当に熊じゃなくて良かった。
残暑もぼちぼち落ち着きつつあるところで世間は秋の連休の様子。行楽地の混みっぷりや台風のはっきりしない空模様にうんざりしてるなら、この機会にインテリアプランの見つめ直しがおすすめです。連休中も張り切って営業でお待ちしてますよー。

お風呂のブラインド

カラーを自由に選べるブラインドで爽やかなカラーをお風呂に取り付けいたしました。
お風呂は飾るものが少ない分、窓が変わると全体の印象がグンと変わります!
イメージチェンジにもってこいですよー。
まだまだ日中は暑いですが朝晩はずいぶん秋らしくなってきました。学校や地域の運動会も準備が始まっているようです。いつも食欲の秋で終了してしまうので今年は運動する秋にしたいと思ってます。

北欧ファブリック

人気の高い北欧ファブリック、ボラスのマラガという柄です。写真はレッドとブラック。
壺が並んだような柄が目を引きます。とってもおすすめのデザインです♪
伸びやかな柄と落ち着いた配色で大きな面積を取るカーテンに仕立てた時でもナチュラルに見えるから不思議です。
自然素材と相性の良い北欧生地は畳との相性も良いので和コーナーにも似合いますよー。

色で楽しむバーチカルブラインド

リビングから見上げることができる階段のフリースペース、
吹き抜け窓をバーチカルブラインドのカラーコーディネートで楽しんでいただきました。
鮮やかな色を採り入れ、人目を引く印象的なスタイルになりました。
バーチカルブラインド吹き抜け バーチカルブラインド
壁の造作部分はスラットを短くすることで干渉をさけるように工夫しています。
シンプルでシャープな印象のバーチカルブラインドも、色を組み合わせることでオリジナルのコーディネートを楽しむことができますよ。

ひとりの小さな声

ブラインドは珪藻土壁の素材感と相性のいいベルベットカラー。しかもカラーコーディネート仕様!っていい気になって発注したら、規格外で製作不可との返事を頂きました。がびーん。
専用編集ソフト上は全色選択可能なのでうっかり気づかなかったんですけど、カラーコーディネートオプションはベーシックカラー・ツートンカラー・パールカラーの157色限定対応だったらしいです。ベルベットカラーとかパンチングスラットとかすごくカッコいいのにカラコに使えないのは残念ですよね。ご賛同ありがとうございます。

リス村

お休みに行ってきました金華山。頂上のリス村にも入ってきましたよー。
この種類のリスが自由にウロウロしていて手に乗って餌を食べてくれるのです。それだけと言えばそれだけなんですが束の間とても癒されました♪
最近はカーテンの柄の中にも小鳥やチョウチョ、リスがシルエットで入っているものも人気。
小さな自然を身近に感じる時、癒されたりホッとしたりするのかもしれません。

出窓いいね!

ちょっとした奥行きでたっぷりの採光と空間の広がりが実現する出窓は普通の窓とは違う特別な存在。うっかりすると物置き的になりがちな便利スペースですが、せっかくのプレミアムな仕様だから窓の飾り方にはこだわりたい。
枠中にレースカーテンを収めるなら、サッシから10cmの範囲はファブリックの優雅さをアピールする専用エリアとして確保が必須。観葉植物や置物ディスプレイも干渉しないようサイズに注意。裾のデザインにこだわったスカラップ仕様や上げ下げ操作のシェードタイプも人気です。

小花柄

窓全体に優しい小花が並ぶシェードです。カーテンらしいデザインがお部屋にすんなり馴染みます。
品の良さがありとても素敵でした♪
主張の強くない優しい印象にしたい場合は小さめの柄が似合います。無難にと思って全くの無地にしてしまうほうがお部屋での主張が強い気がします。
お部屋のライトをお客様と一緒に調色しては表情の違いを見て楽しみました♪温かみのある光にとても綺麗に映えていました。

木立

床も天井もダークブラウンの木材に囲まれた空間に木立柄のレースです。
窓の外はウッドフェンスで目線は気にならないためレースだけのチョイス。
軽やかな上に柄の部分が目立ちスタイリッシュなお部屋の印象にぴったりです!
柄の部分が透けているレースは陽が入った時の床に映りこむ影がまた魅力ですよー。

アルミもなかなか良い

上質空間に似合う横型ブラインドといえば、やはり一押しはウッドブラインド。と言いたいところですが、あえてのアルミ仕様もなかなか捨てがたい良さがあります。メタルの質感を感じさせない上品な木目カラー10色展開でそれぞれ50mmと35mm2種類のスラット幅が選択可能。浴室や水回りに最適な50mmアクア仕様もあります。木製ブラインドと比べるとスラット厚が10分の1以下なので、タタミ代がぐっと小さくなるのが最大のメリット。丈の短い窓に最適です。手頃な価格設定も安心。

こだわりつくす

オーダーカーテンのメリットといえば、好みの生地・デザイン・サイズで思いのままに仕立てられる点があげられますが、実は縫製する加工所を選べるところがミソだったりします。
プレーンなスタンダード縫製こそ、手間暇やコストのかけ方で仕上がりの表情に差が出るもの。ショップによっては各カーテンメーカーの標準縫製でよしとするところもあると思います。コスト重視の加工所選びや既製品で十分という考えもあえて否定はしません。ただ、カーテンをかけた瞬間に感じる確かな違いを少しでも多くの人と共感したいと考えています。

垣間見る

こちらは玄関からまっすぐの場所にある扉です。
真ん中に透明なガラス部分があるので玄関からも写真のようにベランダへの窓がほんの少し見えるのです。
ダークカラーのバラの花が全面にあしらわれているシェードが光を受けてとても綺麗に見えています。
玄関に入った途端に素敵なカーテンが目に入る間取り。住んでいらっしゃる方のお家に対する思いが垣間見え、タペストリーが飾ってあるような扉でした。

ダマスク柄

マンションの個室にシェードを採用頂きました。
通路側なのでお昼間でも上から半分くらいは常に閉めておけるという使い勝手を重視されてシェードになりました。
伝統的なダマスク柄が大きく、小窓ですがお部屋で存在感のあるデザインがとてもカッコ良かったです♪
生地単体で見るとカーテンの色や柄って地味な印象を受けるものが多いのですがお家の中では綺麗に見栄えがします。カーテンはお家とのバランスを考えてデザインされていることを感じます。

吹き抜け窓 シェード取替

吹き抜け窓の施工、シェードの生地の取替です。
以前ご使用のバルーンシェードからプレーンシェードにスタイルを変更いただきました。
吹き抜け窓 プレーンシェードレース トッププリント
採用いただいたのは、上部にプリントを施した遊び心あるデザインレースです。
影絵のように映るアイビーに 小鳥さんとちょうちょ が現れます♪
お客様からも 「カーテンは楽しいね」 とお喜びいただきました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。