スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロントレース

お部屋側に透明度の強いレースをかけるフロントレースのスタイルはすっかり定着してきた気がします。
写真はよーく見ないとわかりにくいのですが、ベージュに白いラインのレースを合わせています。
フロントレースのスタイルなのに柄が主張していないのがオシャレな組み合わせ。
白い壁に白い装飾レールっていうのも人気ありますが、同じようにベースと同色でのフロントレースという組み合わせ方もお勧めですよー♪
スポンサーサイト

竹すだれ

駅から一番近いお店、日本料理"樽げん"さんに取り付けた竹すだれです。お座敷スペース拡張工事で移動した靴入れの目隠しに採用して頂きました。天然竹ならではの風合いが和風空間によく馴染む、店舗にも安心の防炎認定品です。
リニューアルオープンは10月4日。もうすぐですね。要チェックポイントはもちろん竹すだれ。じゃなくてゆったり掘りごたつ式テーブルで新しくなったお座敷スペース。あと、隠れアイテム的な山本五十六の名言も気になる存在です。

北欧生地

スウェーデンboras社のマラガという生地です。
手持ち感の良いしっかりとしたコットン生地。光を受けた時のボラスコットンならではの綺麗な表情がとても素敵な生地なのです。
色柄だけ見てると北欧生地の中では地味に感じてしまわれることが多いのですが、お家につけた時の存在感は抜群にカッコ良いです!面積の大きい窓にも馴染みやすいおおらかな柄のマラガ。おすすめですよー♪

パーフェクト!

こちらは店内にやってきた新しいブラインドの展示品です。
その名も「パーフェクトシルキー」なんだかすごそうなネーミングで一度で覚えてしまいました。
今まではブラインドのスラット(羽根)に穴がありそこをコードが通っていたのですが、穴が消えました。
光を調節するときにポールを回転させると20度ごとにカチッと音がするオプションが同価格で付けられます。メカニックな感じがするからか男性に人気です。
後ろのボードに小鳥のシールを張ってみました。遮蔽性を試してみて下さいねー。

マルチブラケット

10月1日新発売の新作レールカタログで待望のペアブラケットが登場しました。しかも大小2サイズ。史上初の大発明!というわけじゃないのでカタログでは地味な扱いになっていますが、L型シングルブラケットに次ぐ快挙です。
業界内からもこんなニッチ部品売れるんですか?なんて声が聞こえてくるマニアな仕様ですが、痒い所に手が届く心地よさ。ブラインド類とカーテンのスマートなコーディネートが実現します。違いが分かる人に選んでほしい。いざとなったら他社レールにも対応する懐の深さは破壊力大です。

廊下窓

廊下の小窓にスッキリとしたロールスクリーンです。
枠の中に取り付けているので廊下側への出っ張りが無く収まっています。
お昼間ロールスクリーンを下げていても暗くならない綺麗なグリーン。お二階はレース無しでスッキリとしたロールスクリーンだけをつける小窓が増えています。
カラーで遊んでみたり、柄でインパクトをつけたり、小窓の柄選びも楽しいですよー。

小窓にカーテン

新しい住宅にとても増えてきた小窓。防犯等の安全面からも外観の見た目からも人気があるのだと思います。
小窓にはロールスクリーンだけですっきりという事が多いのですが使い勝手を考えた時にやっぱりカーテン、となることは結構あります。上げ下げタイプのロールやシェードは生地の下に重りが入っています。揺れて壁や窓に当たり音が気になることも。カーテンはお洗濯がやりやすいというのも選ばれる理由のひとつです。

良いものを長く使いたい

ちょっと古いブラインドのブラケット樹脂部品が劣化破損していたので代替え品を手配したところ、メーカーから在庫終了でごめんなさいの返事が来ました。いつまでも古いブラインド使ってないで買い換えなさいということでしょうか。昇降コード交換で新品同然の性能を取り戻したばかりなのに残念です。
今年からメーカー保証期間が1年間から3年間になりました!とか話題になったりしてますが、ユーザーにとっては補修部品がいつまで手に入るかの方が重要だと思います。

セルフリフォーム

可愛いお部屋作りのブログをのぞいて最近とっても気になるのはセルフリフォーム。壁紙を貼ったりペンキを塗ったり女性一人で作業されている方も多く、素敵な壁紙に気軽にチャレンジされている様子に影響を受けました!
さっそく自分の家で壁紙貼りにチャレンジ中です。職人さんがバッチリ貼っているのとは出来栄えは全然違いますが古い家なので綺麗な壁紙に目が行ってなかなか良い感じ。一般の方向けに輸入壁紙の貼り方講座があってたり今はセルフリフォーム人気あるようです♪

ブラウンブラウン

ダイニングの横長窓に木製ブラインド、掃き出しの窓にフロントレースのスタイルでカーテンをお取り付けしました。
ダークブラウンでスタイリッシュに統一されているお部屋にピッタリの色柄を選んで頂きました。
木製ブラインドは存在感がありカッコいいのにナチュラルな印象。家具やライトの木の色とあってとても良い感じです。
フロントレースのリーフ柄がオシャレにお部屋を彩っていました♪

冬支度

登山靴を新調したので足慣らしに夜叉ヶ池まで行ってきました。紅葉にはまだ早いようですが、少しずつ色づき始めて晩秋の気配。冬はもうすぐそこまで来ています。
最新の資料によると、「ブロックアウト」効果が重要となる夏場の遮熱に対して、冬の賢い断熱は昼間に温かい日射しを「採りこむ」のと夜間に室内の温かさを「逃がさない」ことがポイント。求められる性能がちょっと違います。冬も夏も室内の快適さは窓で決まる。冬には冬のウィンドートリートメント計画がおすすめです。

窓辺の演出

マンションのお窓にシェードとカーテンをお取り付けしました。
カーテンは明るい床の色に似合うライトブルーで地柄の落ち着いたデザインです。
レースのシェード全体写真
外から見られる場所では無いのでカーテンを閉めなくても良いお窓。
夜はレースでスタイリッシュに見せたり、カーテンを閉めて温かみある雰囲気にしたりと窓辺で演出できる空間です。

はにかむスクリーン

10月15日発売のニチベイ Refina。国内3大ブラインドメーカーの先陣を切ってリリースされたハニカムスクリーンです。
ぺルレサートのように昇降コードの穴が見えないスッキリデザイン。しかも不透明+シースルー生地のツインスタイルにしっかり対応。ハニカム空気層の断熱効果も良好です。
プリーツスクリーンをちょっと仕様変更しただけという負い目か控えめなセールスプロモーションですが、D断面ハニカムとか技術のニチベイらしいこだわりがグッドです。

お部屋のインテリア

秋からの新ドラマが続々始まりました。初回はやっぱり気になってしまいチェックしています。
内容もですが色々なインテリアが見られるだけでも楽しくて、お部屋のシーンは一時停止でじっくり見ていたりします。
お部屋の様子で親近感が湧いたり、こんな生活したいなーと憧れたり、インテリアで住む人を表現することが出来ちゃうものだなーとつくづく思います。お部屋や家具の配置などを見てるだけでも楽しめるドラマ。
この秋は何を見ようか検討中です♪

続 修行中

以前ブログで紹介しました飼い猫修行中だった我が家のハナちゃん。家に来て1年になりましたがいまだに修行は続いております。人に近付かないという掟を守り通している野良猫の鏡のような家猫です・・・。
変化と言えばお部屋の間仕切りにしているカーテン越しにだと手にじゃれて遊ぶようになりました。人が見えないのが良いようです。プライベートを守るカーテンは愛猫との距離も縮めてくれます♪いつか慣れてくれるかな?

モノトーン

ダイニングテーブルやソファのカラーに合わせて縦型ブラインドのカラーコーディネートタイプにされたお家です。
明るい白をベースに薄いグレー、濃いグレー、黒はアクセントとして少しだけという組み合わせ。家具と合わせてコーディネートされたので統一感があるとてもカッコいいお部屋でした。
縦型ブラインドはすっきりとした見た目が人気です。カラーを組み合わせできるコーディネートタイプなら、より自分のお家に似合う縦型ブラインドになりますよー。

ベネウッドタッチ

木製ブラインドにワンタッチ自動降下タイプが登場しました。本体重量がかさむ木製ブラインドは昇降操作の重さがネックで、最近はギア比を下げて操作を軽くするのが流行ですが、そうなると今度は上げ下げに時間がかかって面倒になるというジレンマでした。ベネウッドタッチならリフト操作は軽いギア比でラクラク操作、ダウン側はワンタッチ操作で自動降下。すごく便利になりました。残念ながらウェーブタイプのベネウッドウェーブには今のところ非対応。メーカーさんもじらし上手ね。

マリメッコのアニマル柄

テーブルクロスやクッションカバーとマリメッコが大好きなお客様、
お子様部屋にはマリメッコのアニマル柄から「アフリカン クニンガタル」のカーテンです。
子供部屋 マリメッコカーテンアフリカン クニンガタル
茂みの陰からヒョウやラクダなどの動物たちが顔をのぞかせている絵画タッチのユーモアなデザインです。個性豊かな愛らしいデザインに包まれたお子様部屋になりました♪

タッセル0円ヨリ

いつから始めたキャンペーンか厚地カーテンお買い上げの方に標準共布タッセルサービス中です。
無料が当たり前になるとついありがたみが薄くなりがちですが、最適なタッセル長さの計算式開発とか、バランスの良い柄取りとか、スタイルの良い芯地選びとか、タッセルひとつにも知られざるドラマがあります。まあ、オーダー縫製なら当たり前ですけど。
もちろん個性的なオーダータッセルも人気です。せっかくオーダーカーテン選ぶならタッセルにもこだわってみませんか?

給料3カ月分

昨日のブログの写真は一本13,800円のタッセルでした。アクセサリーの感覚だからその価格もありなのかとスタッフ同士での話しから何故か婚約指輪をもらうより、婚約カーテンのほうが実用的で良いのではということになりました♪
最初に二人で生活するお部屋。お友達もいっぱい来るだろうし写真撮ったりする機会も一番多い時期です。カーテンが良いとお部屋のインテリアもグレードアップ間違い無し!これからは「結婚が決まったらまずカーテン」という時代がやってくるかもしれません♪

専門店の水洗いクリーニング

カーテンをしっかり洗う。今まできちんとアピールして来なかった事をちょっと反省していますが、ドライクリーニングではカーテンの汚れや臭いはほとんど落ちません。
世の中にはドライ指定でも水洗い可能なカーテン専用洗濯機なんてものがありまして、縫製工場の一角で今日も張り切って稼働中です。なにしろ縫製工場付属の設備なので縮み補正やホツレ処理も任せて安心。しかも形態安定加工付き。プロ集団だけあって街のクリーニング屋さんとは一味違うんです。

もういくつ寝ると

階段窓に可愛いお花が並んだシェードです♪
綺麗なカラーでデザインが素敵な北欧生地。日本の住宅と相性が良く家具もファブリックも北欧人気なのが良く分かります。最近はデザインを取り込みつつお部屋全体はナチュラルに見せるそんなコーディネートが選ばれています♪
先日ホームセンターに出かけたらクリスマスグッズが出ていました!お庭のクリスマスイルミネーションの準備が始まっているようです。寒いのは苦手ですが冬の夜は楽しみです。

リビングのイメージチェンジ

リビングのイメージチェンジです。
今回はカーテンとレールのお取替え、木製ブラインドを施工させていただきました。
ブラウンをアクセントにしたシックなコーディネートとになりました。
リビング カーテンボイルプリントレース
1枚のファブリックでお部屋の表情はずいぶんと変わります、カーテンで気軽にお住まいのイメージチェンジを楽しみましょう!

階段間仕切り

暖かさが上に逃げてしまうことを防ぐため、リビング階段の上り口にロールスクリーンを付けた写真です。
最近は冷暖房効果のことを考え間仕切りを付けたいというご希望が増えてきたように感じます。
せっかくお話をいただいてもロールやカーテンはどこにでもつくわけではありませんので、下地が無い場合思った場所に取り付けられないこともあります。
先日は着工前のお客様から階段間仕切りの相談があり、あらかじめ下地を入れてもらうことになりました。

チェンジ!

チェンジ!するのはこちら一宮駅の東口。本町商店街へ向かう出口に駅ビルが11月1日にオープンです。駅から見る風景もずいぶん変わりますねえ。来年に開館する図書館がどんなふうなのか楽しみです。
駅前の大がかりなビルでも出来上がるとあっという間に感じるから不思議です。取りかかったころはまだまだ先の話だなーって思っていたのを思い出します。
私がぼんやりと日々を過ごしている間にこんな大きな建物が出来るなんて。日々の努力は大切ですね。頑張ろうっと。

秋っぽく

入口のカーテンを秋っぽくしてみました。
モノトーンの写実的な花の絵がとびきり目を引く素敵なレース。光沢感を備えた綺麗なカラーの無地のカーテンに、クラシカルなタッセルを合わせてみました。秋らしく落ち着いた雰囲気になりました。
もちろん通年使っていただいてOKです!
カーテンがたくさんあるので、広い場所に展示できるカーテンは限られてしまいす。見てもらいたい生地が多いのが悩みです。

来月は

11月がやってきますねー。急に寒くなって驚いていますが、いつも11月頃には寒かったですね。
そして11月の中旬にはインテリアファブリックス業界最大の展示会「ジャパンテックス」が行われます。
今年も参加してきますよー。
最近は展示会だけでなくセミナーも色々開催されるので、今年は何を受講するかそろそろ決定しなくては。たくさん学んでこようと思っています♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。