スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます

まねき千鳥おかげさまで無事に新年を迎えることができました。ここ数年の年末年始は18きっぷでの西日本放浪旅が恒例になっているのですが、終電でたどり着いた駅で泊る場所を見つけられず仕方なく深夜営業のファストフード店で始発待ちの徹夜をしたりと、年を追うごとに旅人レベルが上がってくるのを実感しています。
画像は年末ぎりぎりでやっつけ仕事気味に仕上げた年賀状の挿絵です。本年も一日一日をよりいっそう大切に過ごしていきたいと思います。
スポンサーサイト

窓の結露とカーテンのカビ予防

YKKAP窓の結露でカーテンにカビがついてしまうと洗濯してもなかなか取れません。一般的なポリエステル素材のレースに生じたカビは塩素系の漂白剤を使うことでとることができますが、生地が劣化する原因になってしまいます。また、色の付いたレースやレーヨン・アクリル素材などは色落ちすることがあるので漂白剤の使用は出来ません。窓の結露をなくすには、窓ガラスを二重サッシにしたり、除湿機器を設けるなどをお勧めします。湿度が高く結露を生じやすいときには、窓ガラスに直接カーテンが触れないよう充分注意しましょう。

リターン縫製とレールカバートップ

リターン縫製とカバートップカーテンでの断熱を考えるとき、生地自体の断熱性能だけではなく、リターン縫製で仕上げることでより効果を上げることができます。両端のヒダからカーテンレール側面の隙間を覆うように耳を伸ばす要領です。通常縫製と同価格で製作可能な場合もありますが、レールのサイズと生地巾によって必要な生地量が増え価格UPになる場合もあります。
また、カーテンレール上面の隙間をふさぐカバートップを併用することで断熱効果はさらに向上します。

祝!新成人

新成人の方おめでとうございます!
成人の日は天気が大荒れになることが多いイメージですが、今年は良いお天気ですね。
20年前は何してたかなと振り返る良い機会になります。
そのころのヒットソングが流れると20年もたってるの!?と驚くばかりです。
成人式を迎えたころに思ったような大人になれるようこれからも日々精進します!

コードレス式プリーツスクリーン

リターン縫製とカバートップ操作コードの無いプリーツスクリーンです。
ボトムバーに取り付けられた透明なグリップを掴んで直接上げ下げの操作をします。操作コードが無いすっきりとした外観で、和室の明かり取り地窓などで特におすすめ。ヘッドボックスやボトムレールの部品色には標準色ホワイトと木目系5色から選ぶことができ、壁紙や窓枠、フローリングの色にあわせて選ぶことができます。シースルー生地と不透明生地の組み合わせで昼と夜の使い分けができるツインスタイルでの製作も可能です。

学校探訪シリーズ

今日も一つ悲しいことがあった 今日もまた一つうれしいことがあった 笑ったり泣いたり 望んだりあきらめたり にくんだり愛したり ・・・・・・・・ そしてこれらの一つ一つを 柔らかく包んでくれた 数え切れないほど沢山の平凡なことがあった (星野富弘 日日草/『鈴の鳴る道』P23/絵はがき集 第2集)我が母校から体育館と生物室のカーテン掛け替えのお仕事を頂きました。今回でカーテン屋としては3度目の訪問です。
あたり前に過ごしていた当時と同じ場所に立つと、退屈に感じて日々がとても懐かしく貴重なものとして感じられます。
卒業するときにもらった絵葉書に書かれた、星野富弘さんの日日草という詩の一節、「・・・そしてこれらの一つ一つを柔らかく包んでくれた数え切れないほどたくさんの平凡なこと」が、いま改めて胸に沁み入ります。

寒いですが

今晩か明日には雪が降るかもという天気予報だそうです。
何だかお正月過ぎて春はもうすぐな気分だったのでこの急な寒さが堪えます。
ただカレンダーで言うと春はやっぱりもうすぐ!
新学期や新年度を新たな気分、新しいカーテンでお迎えしたい方はそろそろカーテン選び開始の時期ですよー!
毎年3月中旬より混み合うのでちょっと前の今の時期にゆっくり決めておくのがお勧めです♪

コネクタ

コネクタ新築時の際に他店で取り付けてもらったプリーツスクリーンの操作チェーンが切れてしまったということで訪問しました。
ボールチェーンには繋ぎ目を溶着したエンドレスチェーンと、両端をコネクターでジョイントしたタイプのものがあります。エンドレスチェーンの場合は応急的な現地溶着も可能ですが、基本は改めてメーカーからの取寄せにて対応します。今回はコネクター破断でしたので店頭在庫で即日修理を完了させることができました。画像のようなバンド状の旧型コネクターは強度的にやや難があるので、互換性のあるブロックタイプコネクターにて交換します。

積雪

写真はお店のキッズコーナーより。車に積もった雪です。
この冬初の積雪です。雪景色は綺麗ですが、路面は凍り、雪はまだ降り続いています。
お出かけの際はくれぐれもお気をつけ下さい。
本日は私の大好きな都道府県駅伝女子の部です。
昨年は愛知初優勝に大興奮!
今年も注目を集めているようです!頑張れ愛知ー。

アドニス

アドニスメリノウールとファーストラムのカーペット、アドニスです。
あらゆる羊のなかで最も白くて細く、クリンプ(縮れ)が多いのが特長のメリノウール。毛織が盛んな当地ではおなじみの素材です。また、生後間もない子羊(ラム)が初めて毛刈りされたウールをファーストラムと呼びます。ふっくらとした柔らかさと弾力性、美しい光沢をもった良質の新毛です。メリノウールとファーストラム、この2つの特別なウールをカーペット用に紡績して作られたアドニス。素足に気持ちのいい感触と、極上の使い心地です。

色で遊ぶ

やってみたいと思っていた大人の塗り絵を新年よりスタート♪
15分ほどを目安にやると自律神経が整って良いのだそうです。
最近はちょこちょこと寝る前に塗って楽しんでいます。
細かな図柄なのですがはみ出しても、どんな色に塗っても見栄え良く出来るので気軽に取り組めます。
今回は持っている色鉛筆の全てを使用しましたが、次のページは5色だけとかに絞ってみようかと考え中。
色と遊ぶとても楽しい時間です。

ロールスクリーン

すっきりとした見た目が人気のロールスクリーン。
お部屋側へのでっぱりが少ないロールスクリーンは写真のようなカウンターがある場所にぴったりです。
好きなカラーを取り入れやすいのも良いところです。
壁紙で遊ばなかった分窓周りの色でアクセントをつける、そんな選びかたも楽しいですよ♪
さらに写真のロールスクリーンは下のほうにレーザーカットで木の柄がついています。主張の強すぎないところが人気です。

チルター交換

セレーノ95年製チルター交換ブラインドの羽根の角度を動かすことができなくなったということで、修理に伺いました。
メーカーや年式によって仕様が異なりますが、昇降コードが操作棒の内部を通るワンポールタイプのチルトギア交換は比較的複雑な修理となるため持ち帰っての修理対応となります。
ポールの回転をヘッドボックス内のシャフトに伝えるチルトギアユニットは樹脂製の小さな部品が使われており、無理な力を加えると破損しやすい部分です。

吹抜けタワー

吹抜けタワー吹き抜けの縦型ブラインド交換です。通常の脚立では全く歯が立たない環境でしたので、今回は室内に足場を組んで、専門の業者による施工です。新築時には壁紙仕上げ用の足場がそのまま利用できるので難しいことは無いのですが、いざ生活が始まると簡単なメンテナンスでも高所作業の足場が必要になります。自社施工で済む場合と外注の業者に依頼する場合では工事費用が大きく変わります。吹き抜けの工事は現地環境を確認した上でのお見積りとなります。

シェード派

ロールスクリーンと同じような印象ですがこちらはカーテン生地から作るシェードです。大きな窓にはカーテンで同じ生地で腰窓にはシェードという組合せが一番多いです。
写真では分かりにくいですが、たたみあげる構造上しわが目立つことや生地を縫うのでくたっとした感じになります。そこが自然なふうあいでお好きな方と、ロールスクリーンのようにしゃんとした感じがないので嫌いという方に分かれるところ。
犬派猫派のようにシェード派とロール派に分かれるとこだと思います。

नेपाल धेरै राम्रो

काठमाडौं実は一年前の今頃、ネパールへ行っていました。半年前に起きたネパール地震の傷跡も生々しく、電力不足による計画停電は日常的なイベントです。各種経済データで世界最貧国と言われる国ですが、それでも街道沿いの村々では大勢の子どもたちからお年寄りまで活気にあふれていました。
訪問先はカトマンズ、ポカラ、そしてとあるテレビ番組で取り上げられたこともある山奥のコーヒー農園です。ちょっとした勢いと個人的なつながりから訪問する事になったのです。世界はつながっています。

ウィリアムモリス

インテリアの歴史は知らなくても柄を見てファンになる方が多いウィリアム・モリス。
人気の柄イチゴ泥棒のカーテンです。
細かい柄に深いカラー、重厚感がありお部屋にかけると空間がグレードアップすること間違いなしのカーテンです!
この細かい柄が塗り絵にもなっていました。名前もそのままの「ウィリアムモリスの塗り絵」
良いデザインに触れながら自分の好きな色に仕上げていける。大人の塗り絵の楽しみがまた増えそうです♪

レースをかっこよく

シンプルで何気ない印象のレースですが、こちらはシルバー色のメタリックなレースの写真です。
やっぱり白とくらべて空間がぐっとお洒落でこなれた感じが出ます。
明るくなるのはもちろん白いレースですが、ダークカラーでもレースであれば透けるためそこまで暗くはなりません。
カラーのレースはまだまだ使われてないため目をひくこと間違いなし!おすすめです。

解除コード交換

セレーノ95年製解除コード交換ブラインドの解除コード切れによる降下不良のため、先日のチルター交換から同じ現場で立て続けに4台目の修理です。最初の訪問時にまとめて修理できれば無駄もないのですが、設置台数も多くいざ壊れるまで外見上は異常の判断が困難なところが歯がゆくあります。
1995年式ということでチルトギアの内部劣化や昇降コードの摩耗切断も時間の問題と思われ、ついでに新しいものに交換しました。メンテナンスマニュアルも無く、代替え部品の供給も怪しくなりつつあり、慎重な分解と復旧作業が要求されます。

スワッグバランス

新横綱誕生で話題もちきりですね!
カーテン会で横綱のイメージは上部にもカーテン生地をたっぷり使ったスワッグバランスでしょうか。
高級な場所にしか無い風格ある空間が生まれます。
日本のドラマや映画なんかでは高級な家なのにこんなカーテンで良いの!?という映像のときがありますが、欧米のインテリアでは中流の生活設定でこんなに素敵なんだーとため息ものです。インテリアの歴史の違いを感じます。

シングルからダブルへ

ファンティアブラケット寸法比較カーテンレールをシングル付けからダブル付けにする場合、ブラケットをシングル用からダブル用に交換すれば同じレールを1本追加するだけですっきり簡単にダブル仕様にすることができます。
このとき気をつけなければならないのがシングル用とダブル用での細かい寸法の違いです。同じシリーズのブラケット同士でも元々のビス穴で取り付けする事ができなかったり、カーテンの丈が変わったりすることがあるので注意が必要です。

壁の色と

奥の一面だけ壁紙をブルーにしている写真です。カーテンのある面と同じ白い壁紙にすることが主流だったと思うのですが、最近は一面だけ壁紙の色を変えたり柄を入れたりと遊び心ある選び方をする方が増えています。
そのうち国内のメーカーさんでも壁紙とカーテンがコーディネートできるシリーズが出てきそう♪
今はまだ壁紙で遊びすぎたらカーテン選びが難しいと悩む方が多いですが、床、壁、窓辺はまるごとコーディネートが主流になる日が来るかもしれません。

クールカラー

コルトブラインドTB-C089エコスカイ赤やオレンジ、黄色などの温かみのあるいろを暖色・進出色といい、反対に青や緑、紫などの涼しげな色を寒色・後退色といいます。
寒色系には心理的に気持ちを落ち着かせてくれる効果があり、暖色系比べて後ろに下がって見える性質があるので、お部屋の色使いを寒色系にすると狭い部屋でも広く見せることができます。寒色系でも鮮やか過ぎたり濃すぎたりすると圧迫感が出てかえってお部屋が狭く感じられるので注意が必要です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。