ローズ(E4500/E4501)

大きな網目柄を太めの糸使いでしっかり編み込んだレース生地です。ブラウンの他に和の空間でも使いやすいアイボリーが選べます。
軽さや薄さ、そして機能性がもてはやされる最近の流行とは対極にあり見過ごされがちですが、シックなダーク系の色使いながらしっとりと透き通る明るさはこれこそ"THEレース"といえる安心感です。伝統的な編みレースは紫外線の影響を受けにくく丈夫で長持ちというメリットもあります。

F☆☆☆☆?

吸着式タイルカーペット"ファブリックフロア"の段差を滑らかに仕上げる見切材です。カーペット本体はVOC(ホルムアルデヒド)放散量の最上基準をクリアしたF☆☆☆☆認定品ですが、オプション部材は対象外なのか開封時に結構なVOC刺激を感じました。
今回は施工まで約1ヶ月の猶予があり、店の倉庫で十分な陰干しができたので安心して使用できます。F☆☆☆☆認定品でも人によって微量のホルムアルデヒド刺激が気になる場合があります。違和感を感じる場合は開封後すぐに使用せず、換気の良い場所で一定期間さらすことで改善します。

軽やかメローとすっきりウーリー

透け感の異なる2枚のレースカーテンを上部一体縫製した店頭サンプルです。手前側に透明感のあるオーガンジーを3辺メローロックで軽やかに仕上げ、ベース生地となる後ろ側は両サイドをしっかりとした三つ巻き、裾はウーリーロックですっきり仕上げています。存在感のあるオーガンジーの柄がより浮き立ち、奥行きが生まれる組み合わせで、2枚の生地の空気層により断熱性が向上するというメリットもあります。アンサンブル縫製はオーダーカーテンならではの楽しみと言えます。

コーディネーション

最近のカーテンカタログは写真も豊富になっています。
こちらは川島織物セルコンのアイムのカタログ。普通のカーテンのページの他にコーディネートの写真が別であります。
デジタルカタログでは目次からたどればコーディネーション&ファンクションブックですぐに見ることが出来ますよー。
こちらの写真だと、床・壁が白の部屋に白ベースのカーテンだとかなり明るくなるなーという感じでどのくらいの色が似合いそうかを見るのに役立ちます。柄の好みだけでなく色の合わせ方の参考にもなるので面白いですよ♪

アメリカドラマ

アメリカドラマが好きで良く見るのですが、写真のようにカーテンを長めにしてるお部屋が出てきましたよ。
床は絨毯敷きで高級なお部屋。たっぷりの生地を使いセンス良くコーディネートもばっちり!ついつい一時停止で部屋をじっくり見てしまいます。
あと良く感じるのが一人暮らしのお部屋の場合もすごく広いこと。カーテンのすそが長くてもふんずけたりする心配は無いんだろうな。
実際の平均的暮らしがどんなかは分かりませんが他の国のお部屋事情は面白いです♪

取付高さと操作高さ

ブラインド等のチェーン・コード・ポール類で操作するアイテムは、操作位置までの高さが製品のH寸法に応じて定められています。床からの窓であればそれで良いのですが、立ち上がりが大きい腰高窓や高窓の場合は操作位置に手が届かない、また届いても短くて操作しにくいといったケースが起こり得るため、床面からの取付高さに応じて操作高さを指定します。また、窓の前に家具があるなど離れた場所から斜めに操作するケースでは更に長めに仕上げる必要があります。模様替えなどで後から操作高さを変更する場合は修理扱いにて対応可能です。

横ボーダー柄

ポップな色使いが新鮮な横ボーダーのカーテンです。
カーテンの柄の定番と言えばタテのストライプ柄だったのがこのところ横ボーダー柄が増えてきました。
カーテンの特性からいくとタテのほうが柄のズレ等の荒が目立ちにくいのでしょうが、横ボーダーの魅力が大きいから増えているのだと思います。
広がり感があり、タテボーダーよりも新鮮でモダンな雰囲気が出やすい横柄は今大注目のカーテンです!

照明効果

存在感ある照明器具がお部屋を演出している写真です。
光を出すからか照明はサイズが小さくても目を引くアイテムだなと感じます。
サイズは大きいのにお部屋に違和感を出さないことが求められるのがカーテンや壁紙。面積が大きくなるほどしっくり馴染むものが必要になると思います。
長年なじんできたものを取り換えるため、お取り換えのお客様のほうが悩まれる時間が長いことが多いです。新しいカーテンも時間をかけてまたお家の一部になっていくのだと思います。

縦型ブラインド切欠きタイプ

土間の掃き出し窓に取り付けた縦型ブラインドです。開口部左端の踏み台干渉を避けるため、端から3枚のスラットを丈詰めしております。
縦型ブラインドの作動仕様としては、両開き・右寄せ片開き・左寄せ片開きの3種類から選ぶことができるのですが、丈詰め側に畳み寄せることはできないので、この場合は右寄せ片開き仕様となります。操作方法はカーテンのように歩きながら開閉するバトン式と、ブラインドのように機械の端で開閉操作をするコード式があり、それぞれ右操作・左操作を選択できます。

突き付け経木すだれ

竹製の太い角ヒゴを用いた重厚感のあるすだれロールスクリーンです。窓開口部が最大製作幅230cmを越える為、2台割りの枠中天井納めとしました。
メーカーの仕様書によると製品幅=ベース(セットフレーム)幅となるはずなのですが、軸の飛び出しが数ミリあるせいで突き付けたセットフレーム同士に隙間が生じています。少々納得いかない部分もありますが、これも仕様です。また、ロールスクリーンの特性として、製品幅よりも生地幅の方が小さくなるため、突き付けで納めた生地同士の間には隙間が生じます。

シェードですっきり

こちらの写真は広い窓をシェードですっきりおおっています。
カーテンだと横への動きになりますが、シェードは上からの光をさえぎることが出来るので眩しい時間だけ少し下ろすといった使い方が可能です。
4枚のカラーをどういう色にするかでお部屋の印象もぐっと変化しそう。
カーテンのようにヒダの無いシェードは生地の色や質感がしっかり出ると思います。
無地と柄を交互に配置もお洒落ですよー。

春何番?

春一番が来てすっかり暖かくなった気分でしたがこのところ寒い日続きですね。今日の風も台風来た時のような強さ。
もう春何番目が来たのか分からないくらい強風の多い3月です。
朝ラジオでバードウォッチングの話しが出ていました。小鳥のさえずりもぐんと増えてきたこの頃、近所に来る鳥の名前を知るだけでも楽しそう♪
カーテンにも小鳥柄がありますよ。一年中室内にいながら可愛い小鳥を眺められるとっても贅沢なデザインです!

メリノとモニー

タチカワブラインドのダブルタイプロールスクリーンです。1台の機械に厚地と薄地のロールスクリーンが納まっており、ループになった1本のチェーンだけで両方の操作ができるすっきり仕様です。生地の名前は厚地が"メリノ"そしてレース生地が"モニー"。
一見すると同じ柄に見えますが、よく見ると遮光1級のメリノで"good night"になっているところが、モニーでは"good morning"になっています。羊たちの表情の違いにも注目。夜になって眠りにつくヒツジたちと、太陽が昇って牧場へ出かけるヒツジたちが描き分けられています。

スマートコード

保育施設の窓に並べて取り付けたスマートコード式ロールスクリーンです。ロールスクリーンといえば、ループ状のボールチェーン操作で機械的なトラブルが起こりにくいチェーン式と、小窓でよく使われるプルコード式が多いのですが、こちらはゼンマイ式ラチェット機構につながる1本のコードを操作する仕様です。コード引いた分だけスクリーンが降りてきて、手首で軽くスナップを利かせると自動で巻き上がります。ループ形状になっていないので小さなお子様のいる環境でも安心して使用できます。

メリノウールとファーストラム

より細く、より白い極上のウールを追求して長い間交配改良され、世界で最も優れた品質の羊毛といわれるメリノウール。クリンプ(毛の縮れ)が多いのが特長で、高級スーツ地やセーターなどに使われています。また、生後間もない子羊(ラム)が初めて毛刈りされたウールをファーストラムと呼びます。ふっくらとした柔らかさと弾力性、美しい光沢をもつ品質の新毛です。メリノウールとファーストラム、この2つの特別なウールをカーペット用に紡績して作られたのが、アドニスとアスメロディII。数あるウールカーペットのなかでも一押しのシリーズです。

サンプル生地

新年度に向けカーテンのサンプルを片づけました。
お店にあるカーテン以外でもカタログによっては大きめの生地を取り寄せすることができます。
メーカー別に分けたり、品番が変わって継続しているものをチェックしたり、なるべく生地が無駄にならないようにしています。
カーテンに仕立ててあるものが一番分かりやすいためあれこれ悩んだ結果、店内にあるカーテンに決まることも多いです。
数あるカーテンの中からセレクトしているので店内のカーテンが一番のおすすめです♪

惜しまれながら消えてゆく

春は別れの季節ということで、今月いっぱいでタチカワブラインドのロールスクリーンから、オプションのパレットシリーズが終了となります。カラフルで個性的な操作チェーンや、柔らか手触りのデザインプルがひそかに人気でした。
パレットシリーズの他にも、フレームやウェイトバーが木目調になるウォームシリーズや、一部の部品色が廃止になります。並びの窓で将来的に追加をするつもりなどの場合はご注意ください。今月中の発注であればまだ間に合う模様です。

お部屋でくつろぐ

カーテンの一番のお仕事は外から見えないようにすること!
お部屋がいくら綺麗で素敵な空間でも外から丸見えでは安心して過ごすことができませんものね。
お家で過ごす時間は人目を気にせず本来の自分に戻る大切な時間。
ゆっくり珈琲でも飲みながら、ふと目に入ったカーテンはお気に入りのもの♪
そんな気持ちになって頂けていることを願っています。

春はすぐそこ

日中はずいぶん暖かくなってきて桜が咲き出すのを待つばかり。
卒業式も終わったこの時期は進学や就職で自分の生活が大きく変わった時のドキドキを思い出します。
何度か経験した引っ越しもこの時期。
期待もあるけど不安のほうがいっぱいだったなー。
しかし不安が大きい分きっと成長するチャンス!
大人になると忘れがちですが春もまた節目のひとつとして心新たに頑張ります♪

十年一昔

十年一昔と言いますがこのブログも開始は2007年!一昔前から続いている状態です♪
写真は2007年の買ったばかりで小さかったモンステラ。株分けしてたら今では立派な大きさ7鉢に増えました!ジャングル化してきたので店には3鉢にしています。
人間はみんな10年分しっかり年を取りましたが、目には見えなくてもモンステラのように大きく成長してる部分があるはず。
年をとることをネガティブに受け止めがちな年齢ですが前向きにいきたいと思います♪